オリーブオイルでヘアケアをするメリット

オリーブオイルはヘアオイルとしても優秀。
髪のパサつきを抑え、頭皮や髪を健やかに整えててくれる働きもあります。

オリーブオイルをヘアケアに使うメリットと、オリーブオイルを使ったヘアケアの方法を紹介します。

ヘアケアにオリーブオイルを使うメリット

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、キューティクルにも含まれてるため、オリーブオイルは髪との相性がとてもよいのが特徴。

髪になじみやすく、艶をアップし、パサつきを抑えてくれます。

さらに抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールを含んでいるので、オリーブオイルは頭皮や髪のエイジングケアアイテムとしても期待できます。

ヘアケアに使うオリーブオイルは何がいい?

髪に直接つけるアウターバストリートメントして使うなら、美容用に精製されたオリーブオイル、またはオリーブスクワランオイルがおすすめです。

オリーブオイル独特の香りが少なく、べたつきも抑えられます。

洗髪前のオイルパックや頭皮マッサージに使うのであれば、ビタミンやポリフェノールなどの天然の美容成分がたっぷりと入った上質の食用オリーブオイルもOK。
頭皮との相性もあるのでパッチテストをしてから使うのがおすすめです。

オリーブオイルを使ったヘアケア

アウターバストリートメントとして使う

オリーブオイルを手のひらに適量をとり、タオルドライ後に髪になじませます。
オイルは少なめにとって毛先を中心に少しづつつけると仕上がりがべたつきにくくなります。

オリーブオイルを髪になじませたら、いつもと同じようにドライヤーで髪を乾かします。
オイルが髪をコーディングし、ドライヤーの熱から守るとともに、髪の水分の蒸発も抑え、髪を痛みにくくしてくれます。
仕上がりもしっとりしますよ。

シャンプー前の頭皮ケア&ヘアパックに使う

乾いた状態の髪をブラッシングして、髪の汚れを落とし、頭皮の血行を良くしておきます。

オリーブオイルを頭皮に適量たらし、指のはらで優しくなじませながらマッサージ。
オイルには脂性の汚れを落とす効果もあるので、オリーブオイルでマッサージすることで地肌のクリーニングにもなります。

頭皮にたらすのに遮光性のスポイド瓶にオリーブオイルを入れておくと便利ですよ。



頭皮をマッサージしたら、オリーブオイルを髪全体にもつけ、5~10分放置。
蒸しタオルやヘアキャップを使うとより効果的です。

ヘアパック後はシャンプーでしっかりとオリーブオイルを洗い流しましょう。
シャンプーだけでは落としきれない脂性の汚れが落ち、オイルの効果でキューティクルも保護されます。

シャンプーやトリートメントにプラスする

オリーブオイルヘアパックの時短版として試してほしいのが、シャンプーにオリーブオイルを混ぜる方法。
オイルのヘアケア効果を手軽に取り入れることができます。

いつものシャンプーを泡立ててからオリーブオイルをプラス。
髪と頭皮を優しく洗い上げます。乾燥しがちな季節におすすめのヘアケアです。

トリートメントにオリーブオイルを混ぜるのもいいですよ。
いつものトリートメントがしっとり保湿系に変身します。
香りが気になる人は美容用の精製度の高いオリーブオイルかオリーブスクワランオイルを使ってくださいね。

オリーブ石鹸をシャンプーとして使う

難易度が高いですがオリーブ石鹸でシャンプーするというヘアケアもあります。
保湿成分と天然の美容成分が豊富なオリーブ石鹸は、髪をツヤツヤに洗い上げてくれるので愛用者も大勢います。

石鹸シャンプービギナーの方は、泡で出てくるパックスのオリーからスタートすると切り替えやすいかも。
自然派の方はオリーブオイル石鹸でのシャンプーにもチャレンジしてみてくださいね。

created by Rinker
PAX Olie(パックスオリー)
¥1,430(2021/09/25 03:40:56時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました