オリーブオイルを使ったパンの朝ごはん2種類 

朝にオリーブオイルを使うのが気に入っています。

オリーブオイルは整腸作用があるオレイン酸が豊富。
朝は腸のぜん動運動が活発なので、お腹の調子を整えるのに朝のオリーブオイルがおすすめですよ。

そのままスプーンで飲むのもいいけど、私はパンに使う派。
とっても手軽な出勤前にもできるものと、ちょっと手をかけた休みの日のパン朝食を紹介しますね。

ランチパック+オリーブオイル

時間のない日はランチパックにかけるだけ。
少し余裕のある日はオリーブオイルをかけたランチパンクをトースターで焼いて。

マーマレードやブルーベリー、ピーナッツクリームは私の定番。
ツナや卵、カレー系などもばっちり合います。

ジャム+オリーブオイルは特に気にっていて、オリーブオイルのほろ苦さとジャムの甘さのハーモニーで朝から幸せ気分になれるからぜひやってみて。

私はコクがあるけど辛味や苦みが穏やかなサンテラモ エクストラバージンのグリーンとランチパックの組み合わせが好き。

created by Rinker
サンテラモ
¥1,303(2021/06/12 22:12:13時点 Amazon調べ-詳細)

マフィンサンド+オリーブオイル

時間のある日の朝ごはんはマフィンサンド。
野菜、たんぱく質、炭水化物が一度にとれる優良朝ごはん。
マフィンを全粒粉やライ麦入りにすると食物繊維もUP。

そこにオレイン酸が豊富なオリーブオイルをプラスすれば栄養も美味しさも最高!

マフィンにオリーブオイルをかけてトースト。
食べたときにじゅわっと染み出すオリーブオイルとパンの組み合わせは絶妙ですね。

具はその時にあるもので。
オリーブオイルでマリネした茹で鶏肉などを常備しておくのもおすすめ。

参考記事:オリーブオイルでマリネを作ろう

ウインナーなど濃い目の味の具には、強めのスパイシータイプを合わせるのが好き。

毎日の食事にオリーブオイル

オリーブオイルを買ったけど使い切れない、どう使ったらいいかわからない。
そんな声も聴くけど、バターやマーガリンの代わりに使えばOK。

オリーブオイルに含まれている成分は美容にも健康にもいいので、ぜひ朝ごはんに使ってみてくださいね。

使う量の目安はパンだと1食大さじ1杯くらい。
ランチパックもマフィンも2切れになるので、それぞれ大さじ1/2くらいですね。

シナモンロールやデニッシュパンにオリーブオイルをつけても美味しいのでいろいろ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました